会社を辞める、辞めたい理由、退職に失敗しない

 

メニュー
 
 
人間関係がうまくいかない

日本人では比較的多い理由だと思います。人見知りや口下手が多いからでしょう。

ですが、もし自分が人付き合いが苦手だ、と自覚しているならこの理由で退職はしないほうが
いいでしょう。

なぜなら人間関係がうまくいかない理由は会社ではなく自分にある場合が多いからです。

そうすると会社を変えても自分が変わっていないのでまた同じ理由で会社をやめたくなります。
なんの利点もないでしょう。

それなら人間関係のない、少ないと思われる仕事に転職してみたほうがまだうまくいく可能性が
高いと思います。

人見知りや口下手でない人は自分を変えるべき、というかもしれませんが、社会人になってから
性格を外交的に変えるなんてまず無理です。ストレスがたまるだけでしょう。

仕事を変えたい

他にやりたい事があるならすぐに転職してもいいでしょう。
ですが、その仕事に取得しないといけない資格や能力があるのか、それともなるべく早い内に
始めたほうがいのかはしっかり検討してからのほうがいいでしょう。

給料が安い

不況、デフレなのもあってか比較的多い理由だと思います。

ですが不況、デフレで業績が悪くなるのは特定の会社ではなくどこでも同じなので必ずしも
会社を変えたからといって解決するとは思えません。

むしろまったく同じ業種で役職なら会社自体の経験が下がるだけなので悪化する可能性だって
あるでしょう。

ですが転職をすることで役職がアップしたりより高度な仕事が出来るようになるなら
給料もアップしやすいでしょうし、将来の昇給プラス自分の能力アップにもなり
プラス面が多いと思います。

自営業、フリーになりたい

一見夢があって前向きな会社をやめたい理由のように思えますが、リスクは一番大きいと思います。

というのは独立してみたものの、うまくいかなくてやっぱり会社員にもどりたい、となったとき
なにか実績を残せなければその期間は無職だったも同然とみなされ再就職が難しくなるためです。

それに儲けがなければ貯金も食いつぶすでしょうし、借金が残る可能性だってあります。

それらを踏まえてダメだったときは早めに見切りをつける、くらいの気持ちがいいかもしれませんね。