自衛隊の給料

 

メニュー
自衛隊の給料について

自衛隊は大将、中将、少将などと細かく階級が分かれていて、
当然それら階級によって給料が違ってきます。

初任給は20万円ほどといわれ、一般の職業と大差ないようです。

あとはあくまで平均的な額ですが、30歳で30万ほど、40歳で40万ほどの
月収が一般的です。年齢=月収という事で特に高くもなく、低くもなくといった
所でしょうかね。
ただ、自衛隊は仕事で危険を伴うことがありますし、体力的な問題などから定年退職が
早いなどもあり、さまざまな手当てがつくため一般的な公務員と比べると
比較的年収は高く設定されているようです。

仕事は「陸・海・空」に分かれて国を防衛する事です。

自衛隊になるためには「防衛大学校」という所に入り訓練するという方法がありますが、
必須ではなく、学校にいっていなくても自衛隊に入隊する事は出来ます。
言ってしまえばやる気があれば中卒でも仕事に就く事が出来るわけです。

ちなみに現在自衛隊員の平均年齢は約40歳という事です。
転職して他の仕事にいく人が少ないのだと思いますが高めですね。

男女比は当然のごとくほとんど男性で、女性の割合は5%ほどのようです。
男性側は出会いにはあまり期待できないですね。

また、厳しい訓練に耐え抜く肉体と精神が必要とされる事が予想されます。
基礎体力が大事になりそうですね